浮気調査で慰謝料をしっかりと絞りとる方法

浮気調査によって配偶者の不貞行為の証拠をしっかりと抑え、慰謝料を搾り取ることができます。慰謝料請求の対象となりうるのは、配偶者とその不倫相手です。慰謝料の金額は、一般的には百万円から三百万円が相場ですが、不倫関係にあった期間が長ければ長いほど、慰謝料の請求額は跳ね上がります。

ただ、慰謝料をしっかりと絞りとりためには、配偶者並びに不倫相手にそれだけの慰謝料を支払える能力がなければ、搾り取ることができません。

しっかりと慰謝料を請求するために、浮気調査の段階で配偶者と不倫相手の慰謝料の支払い能力を調査することも可能です。探偵事務所や興信所は、独自の調査ルートを持っているため、内密に支払い能力を調査することが可能です。

浮気調査によってしっかりと不倫の証拠を抑えたら、後は戦略的に行動することが成功の鍵となります。

そのためには、離婚に強い弁護士を立て、離婚協議に加えて慰謝料請求の交渉を戦略的に行う必要があります。

大阪の浮気調査と弁護士の紹介